院長コラム

2人目不妊について

第1子を自然に妊娠したあるいは短期間の通院で妊娠にいたったが、第2子がなかなか授からないことを2人目不妊と呼ばれます。
また何をもって2人目不妊とするかについてははっきりとした定義はありません。
ただご夫婦が欲しいと考えられてとりくまれてもなかなか授からない場合は早めに治療を初めてもよいかと思います。
2人目不妊の原因については明らかではありませんが、その治療で問題になるのは2点あるかと思われます。

1)最初のお子さんを出産した時点での年齢が高いと、次回の妊娠がしずらくなる。
2)小さなお子さん連れでの通院が大変になる。

そのためには効率よく治療をすすめていくことが必要になってきます。
具体的には、不妊の原因を確認して早めのステップアップを行うことが多くなります。
たとえば少量の排卵誘発剤を使用したり、ホルモン剤の補充をしながら、タイミングを合わせていきます。この段階で妊娠にいたる方も多くおられます。

2人目不妊を心配されている方は、まずは基礎体温をつけてみて、月経の周期は規則正しいか、排卵が正しくおこっているかを確認されることから始められてはいかがでしょうか。

2012/12/14 不妊症関連