基本方針

基本方針

うめかげレディースクリニックでは、次の3つを基本方針とし、すべての女性の力になりたいと考えております。

基本方針

産科
自然分娩を基本として、快適で安全な分娩を目指します。
また丁寧な育児指導を行います。
不妊症
患者さまの要望をよく聞き、医学的根拠(エビデンス)に基づきながら、身体的にも精神的にも負担の少ない不妊治療を心がけます。
婦人科
婦人科検診や婦人科疾患全般にわたって、地域に密着したかかりつけ医として医療の実線に努めます。


院長 梅影 秀史

昨今、産婦人科医療においては、医師不足のため、また一方で医師の偏在などが問題になり、その結果として分娩施設が減り、患者さんにとって分娩施設を選択する機会も減ることにつながっています。また少子化が叫ばれる一方で、不妊症に悩む患者さんは増える傾向にあります。

産婦人科にかかる患者さんは色々な思いをお持ちです。妊娠された方は無事に出産されることを願い、妊娠を望む方は一日も早く母親になることを願い、婦人科の病気に対して不安をお持ちの方も多いことでしょう。 それぞれの思いに答えるために当院ではまず信頼を得ることから治療を始めます。そのためには医学的根拠(エビデンス)を示すことと、誠実に患者さんと向きあうことが重要だと考えます。

患者さんの望みを少しでも多くかなえてあげたい、納得していただきたいという強い思いでこのたび開院をすることとしました。患者さんに選ばれるクリニックを目指して今まで培った経験と知識を発揮してまいります。

分娩や育児に対する考え方

当院では自然分娩を原則とします。また安全で満足感の高い出産を経験するためには妊娠中の過ごし方が重要です。妊婦健診を通じてそのお手伝いをしてまいります。また当院では妊婦さんにバースプラン(出産に対する考え方)を書いていただき、その考えを尊重する形をとります。

産後の入院生活については、母乳保育や母児同室を中心とした育児方法をとりいれていきますが、産婦さんの体調やお考えにも合わせた対応をしてまいります。

院長経歴

昭和59年
滋賀県立膳所高校卒業
平成3年
奈良県立医科大学卒業
平成9年
奈良県立医科大学 大学院卒業(医学博士)
平成9年
奈良県立医科大学附属病院 産科婦人科 助手 (助教)
平成13年
奈良県立医科大学附属病院 産科婦人科 外来医長
平成14年
奈良社会保険病院 産婦人科部長
平成20年
英ウィメンズクリニック(宝塚) 不妊・内視鏡外科センター 院長
平成23年
うめかげレディースクリニック開設(院長)

日本産科婦人科学会 認定医・専門医 母体保護法指定医

ご来院の皆様へ
院長からのご挨拶
診療時間のご案内
診療のご案内
  • 妊婦検診
  • 不妊症の検査と治療
  • 婦人科の検診と治療
医院内のご紹介
医院までのアクセス
よくある質問
ご相談とお問い合わせ