医院案内

診療のご案内

不妊症の検査と治療

不妊症とは、妊娠を望んでいるのにも関わらず妊娠できない状態を指します。日本では、避妊期間を除く2年間妊娠しない場合を、不妊症と定義しています。不妊症にはさまざまな原因が考えられますが、当院ではまず原因を調べていきます。
不妊症の原因とその検査方法は以下の通りです。

不妊症の原因と検査方法

1.卵管因子
超音波診断装置に映る造影剤を利用して卵管の通過性を調べます。
2.排卵障害
月経中や排卵後のホルモン検査(採血)を行うことで卵巣機能を調べます。
3.男性因子
精液検査(顕微鏡による精子数、運動率、奇形率の測定)
4.子宮内膜症、子宮筋腫
婦人科の代表的良性疾患が不妊の原因になることは知られています。超音波検査や血液検査で診断します。
5.免疫因子
抗精子抗体の検査
(精子を動かなくさせてしまう抗体が受精をさまたげることがあります。)
6.その他
排卵時期にヒューナー検査を行い、排卵障害や男性因子の診断に役立てます。子宮鏡検査により子宮内膜ポリープや子宮内癒着の有無を調べます。

検査終了後の治療の流れ

1.タイミング療法
超音波検査や尿検査により排卵時期(妊娠可能日)を予想していき性交(タイミング)をもってもらう方法です。
2.排卵誘発剤の使用
排卵日の特定が難しい場合やなかなか排卵しない場合に薬を使用します。ただし副作用に十分留意していきます。
3.通水による卵管の治療
排卵前に子宮内に卵管造影用のチューブを使用して卵管に水を通す治療です。
4.人工授精
子宮内に濃縮処理した精子を注入して受精する機会を増やして妊娠率を高める方法です。自費診療8000円(税込み)
ご来院の皆様へ
院長からのご挨拶
診療時間のご案内
診療のご案内
  • 妊婦検診
  • 不妊症の検査と治療
  • 婦人科の検診と治療
医院内のご紹介
医院までのアクセス
よくある質問
ご相談とお問い合わせ